引越し:費用を半分以下にしたい方へ3つのコツ

90,750円の見積もりをスコーンと4万円ポッキリと半値以下に安く、しかも潟Tカイ引越センターさんに感謝して頂きました!!!

引っ越し 見積もりの3つのコツ、ノウハウ、心構えを実体験に基づき、それぞれの場面ごとに全て公開
引越し:トップ > 相見積もり(合いみつ)3つのコツ

やることリストの1番目は、不用品処分を買取で!

何度も引っ越しを経験した者として、
あなたにオススメしたいです。

引っ越し やることリストの1番目は、不用品の処分です。
それも捨てるのではなく、買取業者に買い取ってもらいましょう。

不用品は種類がたくさん、且つ、量が多いでしょうから、
ここは、訪問買取を得意にしている業者が断然良いです。

後で、コチラの記事をご参考に⇒引越しの時、不用品を買取してもらうコツ

相見積もり 1.激安を引き出す「あいみつ」

引越し費用を安くするには、「あいみつ」は必須です。

「あいみつ」は、相見積もり、または、合い見積もりとも言いますが、
2社以上の引越し業者の見積もりを比較することです。

そのコツは、安い引っ越し業者を見つけるというよりも、
安い見積もりを引き出すこと
にあります。
だから、どこの引越し業者が安いの?ということではなく、
どうやったら激安の見積もりが引き出せるか、という風に考えて
頂きたいと思います。


やり方、コツで、あなたの引越し費用、半値になる可能性は大です。
私は、当初見積り90,750円を4万円ポッキリと半分以下にしてもらい、しかも、よく選んでくれたと感謝されました。


あいみつのコツ1.一括見積りで最大10社から見積もり

比較して、業者間で競争してもらうことが重要です
しかし、引越し業者一社ごとに見積りをとるのは手間も時間もかかってとても大変です
電話番号を調べて、アポを取る、ひっこし準備に忙しいあなたに、そんな時間はないでしょう。

そこで、以下、ご紹介。
株式会社エイチームという名古屋のシステム会社が、運営している引越し一括見積もりサービスです。
提携引越し業者は、日本通運、クロネコヤマト引越センター、アーク引越しセンターなど104社です。

下記の一括見積もり依頼のリンクをクリックすると、(株)エイチームのサイトに飛びます。そして、荷物の量に関する質問に答えてください。
たった、それだけで、お近くの最大10社からの見積もりが、あなたに届きます。

私も実際に、下記のリンクをクリックして、荷物の量に関する質問に答えましたが、簡単でしたよ。


引越し見積り最大10社一括見積り!
引っ越し 合い見積もり
詳細はコチラ!引越しの一括見積もりサービス




引越し費用は、引越し業者によって大きく変ります
なぜなら、引っ越し業者によって、トラックの空いている日が違います
引越し業者によって、経営状態というか、受注意欲が違います
また、顧客の要望の目的を考え対応方法を検討するか、
言われた通りを実行しようとするかによっても変わってきます。


費用を必要以上に使って損しない為の、管理人の実体験に基づく
3つのコツの1つのご紹介でした。
引越し 格安 3つのコツについては、リンク先をご参照ください。

合い見積もり 2.下見に来る業者とだけ

あいみつのコツ2.下見に来た業者だけに絞る

上記の一括見積もりに入力して、発信すると、すぐさま、最大10社の引っ越し業者からメールで回答が来ます。
具体的に、金額を提示しているもの、トラックの大きさだけを提示してしるもの、料金の安さだけを強調しているもの、と様々です。

でも、私の場合、「引越しのサカイ」から、見積もり依頼の送信直後に電話がかかってきました。
夕方の発信にもかかわらず、電話が3件、「引越しのサカイ」「ありさんの引越し」ともう1社は、夜8時になるけど、その日の内に訪問させて欲しい、とまで言ってきました。上記を含め、メールでの回答は9社でした。

下見に来ない引越し業者の場合は、どんなに見積もりが激安であろうと、
エレベーターがないとか、荷物がこんなに多いとは思っていなかったとか、
何だかんだで追加料金ということになり、激安の反対になり、注意が必要です


ただし、下見が重要ですが、10社も下見に来られたら、ただでさえ引っ越し準備に忙しいあなたは、対応できません。
私の経験的には、最初の3社程度で、打ち切りで良いと思います。
私の場合は、見積り依頼を送信した日に連絡のあった引越し業者3社だけが、電話をくれて、後はメールだけでしたので、ほっておきました。

3社の下見に対応するのも、少しうっとうしいですが、費用を安くして、気持のよい引越しのためですから、我慢しましょうね!
引越し準備に忙しかったのは、私も一緒でしたよ。

引越し見積り最大10社一括見積り!
引っ越し あいみつ
詳細はコチラ!引越しの一括見積もりサービス

相見積もり 3.全社出揃いを待つ

あいみつのコツ3.見積りは、全社、出揃うまでは、決めないこと

下見に来た引越し業者は、見積もりの希望価格について、尋ねます。
でも、この段階では、安いほど良い、お金があまりないなどと、
適当に対応することをおすすめします。

また、最初に下見に来た引越業者は、破格の条件をだすから、
今晩決めてくれ、というようなことを言うかもしれません

先手必勝ということでしょうか?

下見に立ち会ったあなたは、あと2社も会うのが面倒だから、もう決めちゃおうか、という誘惑に駆られます
「ひっこし業者が言うことは、どこの業者も同じようなもんですよ!」と、たたみ掛けられると「「オタクに決めます!」」、と言いたくなってきます。

上記は私の実体験ですが、結論からいえば、3社程度であれば、
見積もりを比較した上で、決める方が絶対にお得です

道徳的にも、下見で見積もりの約束をしているのに、その引越業者が来る前に、他の引越業者に決定するということは、失礼だと思います。

あなたは、毅然とした態度で、こう言ってはいかがでしょうか?
「悪いけど、あと2社と下見の約束をしてるんで、いくら粘っても
ここでは絶対に決めませんよ!
下見に来られる方に失礼でしょ。あなたも逆の立場なら面白くないでしょ!」

ということで、3社と話をすると、引越し業者の言うことは、どこでも同じ、ではないことが、良く分かります。
ひっこし業者によって、トラックの空いてる日が違います。
人の手配は、アルバイトなどで融通が利くようですが、トラックはネックになるようです。
それに関連して、受注意欲の強い日と弱い日が違います。
営業の人の段取りの善し悪しも違います


(日程は、引っ越し業者さんの最大の弱みになりますから、あなたもご自分の許す範囲で最大限の譲歩しましょう。
日を替える、夕方スタートにするなどです)

また、業者によって、営業の人の段取りの良し悪しも違います。

引っ越し前で、非常にお忙しいのは分かりますが、大して時間がかかる訳ではないので、簡単にお話しましょう。
いずれの引越し業者も下見に大した時間はかけませんよ
ネゴに少し時間がかかるかも知れませんけどね。

引越し見積り最大10社一括見積り!
引っ越し 合い見積もり
詳細はコチラ!引越しの一括見積もりサービス

相見積もり 安値に向けて交渉!

全社の見積もりが出揃った後、どうする?

選択肢は3つ。
1)一番安かった業者に発注
2)一番感じの良かった業者に、一番安い見積に合わせるよう依頼!
3)一番感じの良かった業者に、一番安い見積よりも、もっと安い費用を依頼!!!

ちなみに、私は、3)を実施。
引越し業者さんとの会話の中で、もう少し何とかなりそうかどうかは
ご判断ください


それでは、ご健闘をお祈りいたします! 

引越し見積り最大10社一括見積り!
引っ越し 相見積もり
詳細はコチラ!引越しの一括見積もりサービス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。